2012年11月27日

とっておきの時間

学生の頃街の中華料理屋でアルバイトをしていたんです。
アットホームだけど本格的なお料理が食べられるいい店でした。
入り口に小さな本棚があっていろんな雑誌がおいてありました。
学生はジャンプ おじ様は新聞 おば様は週刊誌
お料理の待ち時間にペラペラと。

その頃のアタシにはどうしても理解出来ない光景があったんです。
夫婦で違う雑誌を黙々と読む。っという物。
せっかく二人で外に食事に出たのに、せっかくゆっくりお話出来る環境なのに。


今のアタシの最高の夢は夫婦でそれぞれの好きな本を持って喫茶店でゆっくり読書。
掃除も片付けも何にも目に入らない所で彼と二人で美味しいコーヒーを飲みたい。
posted by 聡子 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304051864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。