2009年10月05日

手に入れるということ

公衆電話だったね
長電話を叱られない為に
あの桜 大きくなったでしょう

すっかり大人のつもりで
細長い指 ふたり合わせていた
ふたりだけの秘密にしておきたかった

あの家に降る星空が
世界で一番奇麗だと
今でもそう思ってしまう

叶わない夢なんてない 眩しいくらい遠く光るけれど
夢中で追いかけて ずっとずっと走って 
また新しい夢に向かって生きて走って

叶わない夢なんてない ぎゅっと掴んだ日を忘れはしない
どんな涙より 溢れて止めたくもなかった
それは失ったものの分も一緒に 流れ続けてた

posted by 聡子 at 22:08| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この詩を
あなたの声で
語られるのを
目を閉じて
聴いていたい
Posted by <(_ _)> at 2009年12月08日 04:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。