2009年09月12日

不協和音

耳を塞ぐ為に 歌を選んだアタシも
優しい音色と重なる声に音楽を少し知りました
音は同じ空間を微かに揺らしながらとてもカラフル
ザラメのたっぷり入ったカステラのような音楽は
嫌われる事も多いけど アタシにはたまらなく蜜の味で
「ジャリッ」って奥歯がなる度ひっそりと立つ全身の鳥肌が
病み付きになってしまう

かき氷をかきながらにぎやかな兄の家族の夏の空気は
もう耳を塞ぐ必要のないことを教えてはくれるけど
遠い記憶の夏と同じくらいアタシにはBGMで現実味がなかった
愛されていない感覚をすっかり忘れて生ききる事ができなかった
愛されていない感覚をすっかり消して生ききる事ができなかった

緻密な不協和音は大好き
張りつめた音に広がる景色
緻密な不協和音は安らぎ
たっぷんと浮かぶ水面

ここは奇麗な和音
倍音もないまっさらな和音
「カチャカチャ」というシルバーの音まですっきりと和音

ど、か
み、か
そにならないと

ど、か
み、か
そにならないアタシは
不快和音の中でまた耳を塞いで歌い始めるのか

いや、たっぷんと浮かんで優しく奏でていよう
アタシの音の中で

posted by 聡子 at 22:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。