2012年07月26日

悲しすぎるんです

辺り一面悲しすぎて
アタシの悲しみは行き場をなくしてしまいました
いつも笑っていたかったのに
溜まりにたまって目だの鼻だの耳だの
体のあちこちからだだ漏れになってしまいました

こんな夜にも月は奇麗で
明日が来ない事をどんなにお願いしても
ゆっくりと沈んでいくんです

アタシも一緒に沈むように眠ってしまいたい
魚は目を開けたまま寝るんだよね
ってどうしても今夜はそれが気になって
触れたらピチピチと苦しそうな小さな命が
あっけなく終わらないように心がドキドキします

おやすみなさい
明日また笑えますように
posted by 聡子 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

夏の匂い

季節と季節の間が終わってすっかり夏になった今日
やっぱり懐かしい夏の日が胸でドクっと1度音をたてた

夕涼みにおぶった娘の寝息が聞こえる
空には夏の星が小さく だけど広く揺れていた

カラリとしたあの日の夏とは違うけど
浴衣でもう少し歩いて 家に帰ろう

あちこちの家でパチンと送り火の音がする
posted by 聡子 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児夫婦

貴方はアタシの大好きな曲を朝からゆっくり聴いてくれる人

アタシはみそ汁と子供らの仕度と朝の片付けで鼻息の荒い人

「ほら蝉が鳴いているよ」

愚図るちびに着替えをさせながら貴方が言った

「早く靴履いて」

日焼け止めを乱暴にぬりながらアタシが言った


蝉の声と風鈴の音
一人になったアタシにやっと届いた夏の音

子供らが大きくなったらふたりで温泉に行きましょうね

どうかその日までアタシが鬼にならずにいられますように

posted by 聡子 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

Dear お月様

大切な人を

目と耳と全身で確認して

鼻の頭にキスをして

「おやすみ」

と言って終わるはずだったのに

泣き止まない小さな震えが寝息に変わるまで

アタシはじっと枕の音を聴いていました

ごめんねって 言わせてほしかった
ずうずうしいと分かっていても

夢の国で楽しいように

夢の国で歌えるように

夢の国でお空を飛べるように

控えめな今日の月へ
posted by 聡子 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

風鈴

夜空におどる鈴の音はまるで星の音

年に1度の再会はどんなでしょうね

世界中の願いが叶いますように
posted by 聡子 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。